2018年12月28日

ネクロマンシング佐賀5(続・武雄編)

ホテルの食事付きって素泊まりより高いしーと今までカプセルホテル(ファーストキャビンがお気に入り)一択だったんですが、朝食付きいい!起きてそのまま食堂に降りればあったかご飯が食える、うまい、コーヒーサーバーもある!前記事に書いたけどめっちゃおされ!
自分以外はエリートサラリマンでビジネスマンめいた、スーツをおされに決めたお兄さんがただった。生きてる世界微妙に違うわーと感じながら、家庭的なおかず盛りだくさんの御飯をもりもりいただきました。

ゆめぎんがへの道 池の内池
向かうは、佐賀県立宇宙科学館ゆめぎんが
祐徳バス祐徳神社行きで、武雄温泉駅ー永島(7分210円)、残りは徒歩15分くらい。土日祝日は宇宙科学館までバスが走るらしい。
路線バスは、平日でも90分くらいに1本で寝過ごしたらやべえと思っていたけど、こういう時はスッと起きれるもので、快眠だった。元湯とホテルのおかげだ。
池の内池の周辺は良い散歩道・サイクリング道で、池には白鳥が飛来するらしく、白鳥たちを驚かさないでね看板があった。自分が発見した白鳥は、ペダル動力のスワンボートの列。乗ってみたかったなあ。ひとりでも乗れるのかな。
カワセミらしき、きれいな青い羽の鳥は発見した。地元で見ることないから感動した。

佐賀県立宇宙科学館ゆめぎんが ゆめぎんが うーたん
こちらも外壁工事中!
この時期は工事シーズンなんだろか、足場組んでるのとかにやにやしちゃうだよね。映画で見るような宇宙関連施設みたいにでっかくて、広くて、デザインもそげな感じやし、非日常物件が日常にあったんだという感動。

エントランスでは、ゆめぎんがのキャラクター・うーたんがお出迎えしてくれた。肉球が星形なのだ。

佐賀フロンティア
見て!
佐賀フロンティア!
サガ・フロンティア
サガフロ!

つくづく「佐賀」て名前得だよなあ。チバ・シガ・ミエ、にもまだ意識してない何かがあるかもしれない。

ゆめぎんが スペースサイクリング ゆめぎんが 地震体験マシーン
こちらはスペースサイクリング、チャリの綱渡りと、地震体験マシーン。
チャリ綱はマジすげえ!命綱はしてるけどコワイ!ついでに言うなら、170cm以上の身長だと漕ぎにくい!ガニマタ漕ぎで問題は解決しますがヒィヒィなります。そして錘付きでこんなに安定感が生まれるのかという感動。往路は前漕ぎ、復路は後漕ぎでスリリングな体験ができました。
小学生団体にまぎれて並んだので微妙な気分だったですが(係りのお姉さんの目とか)、プラネタリウム時間で小学生たちがフロアから消えた途端、突然の静寂に支配され、更に係りの方と1対1感が生じて、謎の緊張感があったw

そういう状況だったので、地震体験マシーンも並ばず体験できた。アトラクションとしては刺激が足りない、けどこれが突然日常で広範囲にわたって襲ってくると考えるとマジすげえな地球!レビデト使えればいいけど、建造物や埋設物は使えないじゃん。被害待ったなしじゃん。アースパワーにひれ伏すのじゃ。
赤い警告ランプがエヴァっぽくもあり、SF映画での緊急事態シーンぽくもあり、うふふな体験ができた。

モササウルスの頭蓋骨化石 ゆめぎんが 佐賀の化石群
化石エリアの古代生物たち。写真はモササウルスの頭となんだっけな、でかい海洋生物。
骨だけでこんななので、肉付けしたらすげえでかいな。モササウルスに限っては、ジュラシックワールドのイメージが強いので、小顔じゃん、としか思えなかった。映画関係なしだとでけえんだけど。

ゆめぎんが コペプテリクス ゆめぎんが 根っこ
コペプテリクスと根っこを下からアングル。
コーペープ〜〜〜。ペリカン目のペンギンもどき、らしい。もどきってひどくないか。ジャイアントペンギンより身長高い?実在したら首の長さで一目瞭然ぽい。

根っこは何の木だったか、こんなアングルあんま見ないから興奮して撮ったけど詳細が!ファンタジーやん、ファンタジー世界のRPGやん。巨大エアープランツが生まれれば、日常生活でもこんな景色みられるだろうな。

ゆめぎんがアクアリウム カエルの鳴き声 ゆめぎんがアクアリウム
アクアリウムゾーン。カエルがたくさんいた。
カジカガエルって意識したことなかったけど、声聞いたことあった。てっきり鈴虫とかそっち系だと思っていたら、カエルか!とても美しい。
鳴き声クイズは、正解するまでボタン押し続けられるっぽかった。ブブーッなどの不正解音はなく。その時間自分以外いなかったので存分に遊べた。

右写真はツチカエルだったか、うおおわからん。最初見た時、微動だにしなかったから置物かと見紛うばかりで、しゃがんでみたらノドが動いてたから、生きてる!こいつ生きてる!って。忍者じゃじゃ丸くんがまず過ったよね。

ゆめぎんがアクアリウム アカハライモリ ゆめぎんがアクアリウム ムツゴロウ
アクアリウムで最もかわゆすを感じた、アカハライモリ。カラーリングは黒と赤でかっけえんだけど、動きと顔がかわゆすだよこれえ!かわいい、ずっと眺めていられる。

そして佐賀の代表格、ムツゴロウ。ガタリンピックで腹落ちさくらちゃんに集まってきた生き物!
くつろいでるのか動きが遅くて、泥でカモフラージュ効果はあるけどよく生き残ってるよなあという印象。これを食べるという発想もよく出てきたなあ。カタクチイワシとかと同じ感じかもだけど、自分には出目金寄りに見えてしまうのだ。

ゆめぎんがアクアリウム ワラスボ ゆめぎんが
という風にカエルと魚類でほうほうしていたら遭遇、ワラスボ
ロマンシング佐賀で初めて知った生物!
フランシスベーコンマリリンマンソンの絵画に近い生き物!
実物は大人しくて、岩辺で仲良くならんでふよふよしていた。カメラ向けたら噛みついてきたけどw
これもよく食べようと思ったよなあ。売店にはムツゴロウせんべいやワラスボ食品も並んでて、でもさ、普段馴染みのない生きた姿見た後にその加工食品て、うーーーん…でも食べてみたい…という複雑な気持ちになったわけです。結局買いましたムツゴロウせんべい。ワラスボは…ちょっと勇気いるぞ。丸干しは高いし。

出口にはリュウグウノツカイ全身が展示されてたなげええええええええ!!
太刀魚とは分類違うんだな。昔、水浸しの夜の地下道に太刀魚めいた刀の群れが蠢いている夢を見たことがあって、この形の魚類は注視してしまう。

ゆめぎんが 外テラス
その後は、南極体験(冷凍庫)や実験エリアで遊んで、一番なんやこれと思ったのはジャイロ。円盤回して回転椅子に座ると、傾けた方に椅子が回るっていう。コリオリ?物理勉強しとらんけんわからーん!でもおもしろーい!

お昼には中学生らしき集団がやってきました。さて次の目的地に出発だ!という時間になって気づいた、宇宙エリアに行ってない!プラネタリウムとか無重力グルグル体験マシーンに乗ってない!よかさ、また来ればよかけん。

テラスはこのように広々で景色もよかったい。夏場とか気持ちよさそう。冬場の平日はこのように貸切状態になる、最高である。

次はバスに乗って嬉野へ!竜宮の使い主、豊玉姫にご挨拶しに行くのだ。
ということで、嬉野編に続く。


posted by マルライ(黒) at 00:00 | Comment(0) | ゾンビランドサガ旅記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]