2018年12月19日

ネクロマンシング佐賀3(唐津後編)

唐津城地下道 唐津城地下道
唐津城地下道を通って町田川の石碑に向かう。
階段の真ん中がチャリ通路になってる。

唐津城地下道 唐津城地下道
曳山の絵が飾られていた。
十一番山、酒呑童子と源頼光の兜。源…、お前は源さくらだ。
五番山、鯛。「鯛」だけ!曳山展示場で本物見れるんだよなあ、moreタイムプリーズ。しかし、唐津城でスタンプ押印してきたので、旧唐津銀行に戻れば缶バッチを入手できるのだ。待ってろタンノくん。

唐津城内橋 町田川
唐津城内橋、11話のネガティブさくらちゃんが歩いた場所はこの隣。宝当桟橋もすぐそこだった。昭和バスの拠点もあって、白の市内バスずらりと桜色のバスずらりがいた。
そして町田川石碑に到着。ルートは警察官Aの歩んだ道から。工事してたー!千代田橋ー!

町田川の黒鳥トリオ
町田川でくつろぐ黒鳥トリオ。カワウ、でいいのだろうか。

そんなこんなで旧唐津銀行に戻ってきたわけです。スタンぷらりー唐津。受付のおねえさんに、旧唐津銀行と唐津城のスタンプを押した台紙を提出して、いざ挑まんガラポン抽選会!
タンノくーーーーん!

コツン、と出たのは、なんかピカピカ光る玉。
おねえさんの目が見開く(たぶん

特賞キタ━━━━━━(゚Д゚;)━━━━━━!!!

…え?え!?状況を呑みこもうとすると、おねえさんがチケットを出して説明してくださいました。
呼子のイカ、佐賀牛、川島豆腐などが食べられる、お食事券3千円分。
工エエェェ(0Д0;)ェェエエ工工
うそおおおおどやんす?どやんす!?イカ食べたい!佐賀牛も食べたい!!しかし時間がない!!!おいしいものはゆっくり食べたい!!!
有効期限を聞くと、再度来訪予定組むにはキツイ期間!神よおおおおおおおおお!!!缶バッチ目当てがまさか、ぬおおおおおおお!!!
苦悩している我の姿を見たおねえさんは、青の玉を持ってきたのです。
ここから、ここまでが全て入っています、と。曳山コンプリートきたああああああああああああああああ!!!
受け取るとずっしり…やべえ、おねえさん怒られないかな、つうか書いちゃってんだけど、自分タンノくんだけで十分なのにマジで?いいの?
わあああああああああい!!!神はここにおられた!
遠慮なくどっさりいただいてきましたえへえへへげひひニヤニヤがとまんねえよありがとうございますうへへへ。

ていうか、なんで我が当選するのですか。唐津神社の神様のお計らいなのですか?マジありがとうございます。アイサツは大事だ、古事記にもそう書かれている…。

唐津駅前・京町商店街 唐津駅前・京町商店街の薬屋
ヽ(^o^)ノ京町商店街ー。
そこで発見ポスター4枚目!薬屋さんにてえへえへひひ。
すぐ隣に恵比寿様がおらすとです。なんだかかわいい商店街だ。

ふるさと会館アルピノ看板とパンツひっかかったウニ ふるさと会館アルピノ
10話から先を暗示していたかのような、アルピノ看板とパンツひっかかったウニ。そして、伝説のアルピノ。
ここを拠点にチャリで回るつもりだったんだよなあ、まさか最後に来ることになろうとは。
いや最後じゃない!時間は迫ってきているが、まだ廻らねばならぬところがある。

唐津ZLSマップ・ググルマップ版A 唐津駅高架下シャッター絵通り
足取りマップと唐津駅高架下曳山絵シャッター通り。
手前にもお店あるんです、ていうかエンディングの一コマは3コ前から!青の玉に浮かれた結果である。

勇駒橋 勇駒橋
ここでも場所間違えた。愛ちゃんがうずくまっていたのは、向こう岸の手前路地。つまり対角線側。ノオオオオオ!でもいいんです、マジで馬だ白馬だヒャッホイ!

文具のナカシマ 唐津駅北口の鳩?カラス?
文具のナカシマさんにも入った。広い、アイテムいっぱい。JKが喜びそうな小さな洒落たメモノートのようなものとか、雑貨系も揃っていた。
そして駅の貫禄ある鳥、鳩?カラスバト?地元で見るより鳥たちが堂々としてる感じがするのですよ。そしてなんとなくでかい。

唐津駅 唐津駅北口
唐津駅!ゲリラライブ!
現地に来てみると、聖地巡礼ブログの記述通りあまり広くなく、踊りにくそうなのだ。

03_karatsu_5.jpg 唐津駅構内
唐津駅構内のゴジラ。その体は、きっとまつぼっくりで出来ていた。
奥に見える「ようこそ唐津へ」看板はユーリだ、ならば「ようこそ佐賀へ」看板は、デス娘改めグリーンフェイス改めフランシュシュでなければならんだろう。

唐津駅構内・北口 唐津線佐賀行き列車
唐津駅構内北口にて、ポスター発見5枚目!
ゾンビランドサガポスターの隣に貼ってある時刻表は、ユーリ劇中シーンに関係あるものらしい。305系停車時間案内表。こまかかねえ、親切だなあ。
大原松露饅頭本店が先客で取込中だったので、構内売店で饅頭購入。試食ももらったのだ。あまーーーーーい!渋いお茶が欲しくなる、だがまだ旅路は続くのである。唐津の方々、神様方々、お邪魔しましたありがとうございました。
唐津線佐賀行き列車に乗って向かうは多久、そして武雄温泉である。GOGO!武雄ランド!

ということで、多久・武雄温泉編につづく。


posted by マルライ(黒) at 00:00 | Comment(0) | ゾンビランドサガ旅記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]