2012年03月24日

旅記25 リフテン

リフテンのエッダさん
リフテンのエッダさん

初キャラで対ドラゴンのリフテン市街戦でお亡くなりになったエッダさんと再開できました。
お供え物を置く時は気をつけないといけない。鹿肉も捧げようと置いたら、初キャラのドラゴン戦で犠牲になった女の人とブラン・シェイが、鹿肉を巡る殺し合いを繰り広げてしまった。タイムリープしてなかったことにしました。おお、おそろしい。
いい感じのエッダ祭壇を作り上げるのも目標になってます。人気がない時にやる。

ブリニョルフ
如何わしい商人・ブリニョルフ

初キャラの時は話しかけられた勢いでほいほいついていってしまったけど、今回は放置プレイで市場のにぎやかしに一役買ってもらってます。すごくうさんくさい商人だった。
前の世界線では気付かなかったファルメルの血の霊薬だとか、ブリニョルフのかばんだとかを今更発見して嬉しくなった。かばんの中身はなんだろう。鍵がかかってて、ブリニョルフが持ってるんだろうか。

ひやかしに話しかけたら「俺の忍耐力を試すなよ、小僧」とか言われてニヤニヤしてしまった。なんという優越感。
ドヴァキンさんが盗賊ギルド加入すれば、ギルド復興するしイイ女と出会えるのに、全く加入する気配がないとかブリニョルフの旦那悔しいのうw悔しいのうwって感じで、お買い物の時はわざと付近をうろちょろしてます。

ヘルガの宿舎
ハニー・サイドのお隣、ヘルガの宿舎の女主人。後ろに姪のスヴァナさん。
市場やリフテン水産で働いてる人たちが寝泊りしてる場所で、ドヴァキンさんは泊めてくれないけどベッドは自由に使えました。

自宅のハニー・サイドのハニーって、ブラック・ブライア蜂蜜酒鋳造所の隣だからかと思っていたら、そのハニーではなかった。ヘルガの宿舎がハニーだった。
前の世界線でもわかっていたものの、実に生々しい生業をしてらしてました。
誰彼かまわず寝るのか!と思いきや、テーブルにあった手紙を見るとディベラ信者であるのがわかるんだけど、「ハルガードの物語」的な事が書き綴られていて、どういうことなの状態。

ヘルガさんの寝室
ヘルガさんの寝室

左写真が扉から見た寝室、左奥のエンド・テーブルが右写真。
エンド・テーブルの上に「アルゴニアンの侍女」第1巻・第2巻があって、やっぱりエロいことなんだ!と確信を持ち、そして気付いた「ファルメルの血の霊薬」。

ファルメルの血の霊薬
ブリニョルフが売ってる薬だった。
これはどういうことなんだろう。
ヘルガさん、ブリニョルフと寝た?w
代金の換わりにこの薬をあげたとか、そうじゃなくて色目使ったけど薬を売られて終わったとか、普通に市場で買わざるを得なくなったとか。
一体真実は…。

Skyrim リフテンのヘルガ
この動画で気付かなかったベッド装置や道具を知った!
素晴らしい。

賞金
賞金首の布告を整理していたら、こんなのが見つかった。
どれが白紙になってしまったんだろう。
PC版だったらスクショできれいに撮って素材にできるのになあ!

関係ないけど、やり直しているとシャドウマークがあっちこっちにあるのを発見して、初見プレイでどんだけ観察力がなかったかを思い知らされました。
タグ:スカイリム
posted by マルライ(黒) at 00:45 | Comment(0) | スカイリム旅記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]