2015年11月10日

海外ドラマ簡易感想

ちょっと前、ついったのトレンドで「ラムジー」がトップで、サッカー選手のことなんだけど、ついついラムジー・スノウのこと呟いてる人いないかなとザーッて見たらいたんですネタバレ莫迦が!あれ意味わかんない、誰かへのリプライでもないのに、なんか、誰がこうでああなって信じらんな〜い☆彡みたいな?お前のその神経が信じらんな〜い☆彡
自分はピンポイントで記憶を消去した、消去したよ。

そんなわけで、Game of Thrones season5のDVDが発売されるまでは別の作品を追っかけようと、漁った次第。


Sherlock: The Abominable Bride (Trailer 2)

まずSHERLOCK、舞台を現代から原作の時代に戻した特別編が近々公開されるそうで、日本はいつだ。
シャーロック・ホームズは今度のASSASIN'S CREED:SYNDICATEと同じくらいの時代だよねと気づいた。すげえ、妄想しつつ散歩できるよ。問題はXboxONEもPS4も手元にないこの現実。

そいで、前から気になってた「孤独のグルメ」「Breaking Bad」、なんとなく目に入った「Terra Nova」。
どれも知れてよかった、何気に手に取った作品がすごい面白だと幸せ。

孤独のグルメは、ゆっくり妖夢と本当はこわいクトゥルフ神話をきっかけに知ったわけで、主人公のゴローさんは謎のアームロックおじさんてイメージだった。のに、インテリおじさんだったよ。びっくり。
漫画はまだ読んでなくて、ドラマシリーズをちょろっと漁った結果、空腹状態で観るものではないということを痛感した。毎度うまそうにメシ食うの観ると、幸せになると同時にコンチキショウってなるよね特に焼肉、なんで焼肉回毎度あるんすかね!ゴウモン!一人焼肉という存在をこのドラマで知って、そういうのもあるのか!ですよマジ。
「ワカコ酒」(漫画アニメドラマ)も同じくらいに知って、ソロメシもいいものだとわかった。そんなわけで、お持ち帰り族、店食いに挑戦。銭湯帰りにお蕎麦屋さん、カウンター席でおじさんたちと並んでビールと蕎麦、テレビ見ながらもぐもぐグビグビ。おっさん化を楽しめたよ。なんか気に入って、地元のお店やメニューを気にするようになった。インドアぼっちに行動させるなんて、地域活性化効果がある作品だ。

その流れで、つまみ探しにニコビで料理動画を漁って、「車庫めし」なるものを知ったのです。

ダッチオーブンは魔法の鍋だよ、何でも作れる。
ブッシュクラフトという言葉をそこで知って、リアルマイクラなのでひときわ興味津々だけども実践する場所がない。MCQBushcraftがとってもスマートで、「Man vs Wild」のベア兄貴とはまた違ったサバイバルも面白いです。ナウシカでいう森の人的静かさ。

ブレイキングバッド、この作品は何かしらのスレで名前を見る機会が多くて気になってたけどすげえな!なにあのハラハラ感。それでいて家族会議だのが妙にコミカル、シリアスな笑いって言葉が浮かんだよ。
第一話がまず衝撃的だよ、おっさんの裸エプロンからのパンツ一丁ピストルって、わっつはっぷん!?だよ。でも抱えてる問題がすごく日常的な重さで、演技も切なくて、その反動もあって主人公のウォルターがブチキレる瞬間が爽快でカッコイイ!ガッツポーズしちゃう。画の映し方とか色使いとかすげえよいのです。トゥコのアジトに乗り込む時の色ガラス越しのウォルターはマジ推しです。
このドラマは犯罪ものなのに、なのにっていうのも変か。人殺しだけはめっちゃヤバイ的な扱いでなんか面白いです。そこも日常的なハラハラに繋がるんだろうか、どの人も一般人だものな。「HOMELAND」も同じ系統で心臓に悪い、正義も悪もあったもんじゃないごちゃまぜカオスどうなる次回だよ。


Terra Nova (2011) TV Series - First Official Trailer - HD

一方、テラノバは安心して観れる。過酷な状況だけども、致命的・絶望的状態にならないていうのが大きいな。サバイバル・設定難易度はEasy、フルハウス的なファミリー要素が主軸なので、シリアスを求める人には物足りないとも言えるけど、TVドラマなのに白亜紀の地球が舞台で恐竜が出演しているのですよ。映画じゃなくお茶の間で恐竜を楽しんでる海外すごいな。「Prehistoric Park」も気になってたの思い出した、あれはドキュメンタリー強めなSF作品だったけな。

テラノバとゲームオブスローンズ
コンパクト仕様のサイズ比較

テラノバ第1+2話がスゴイお気に入りになったので、コンプBOXを買ったのです。安いし!
FOX TVシリーズ SEASONS、超コンパクトBOXでエコ仕様、お求めやすい価格でヨロコビ。ディスクを開かないと何巻なのかわからないのがめんどいけど、観るには困らないからね。

内容は、2149年の資源枯渇の末期的地球から一方向のタイムワープで白亜紀の地球に渡り、そこで人類再出発しようぜ計画。地殻変動が落ち着いた頃なのか、これから隕石の衝突が起こったらやばくない?とか、当時のやばい昆虫もっといないの?とか色々疑問が湧くのは置いといて、一度は体験してみたい知の集合体的装置アイ。アイ…、ミンボの厄災は、アルカとナニカはどうなるんですか冨樫先生。あの装置は、書室も兼ねた個人シアター的に普及するのではないかな!お金持ちのお屋敷にありそう。

第1+2話に惹かれたのは、テンポ最高、ジュラシックパーク的恐竜の魅せ方、スラッシャーの回し蹴りめいた鋭い尻尾攻撃のかっこよさ、スラッシャーに鳥類的羽毛が生えてた驚き、不良グループのターシャが取り乱したシーンの顔がカナリアに激似、シャノン家長女マディかわゆす、謎の反乱グループ・シクサーズのリーダーの名前がミラ、そのミラの振る舞いが名前効果もあってローカストクイーン、テイラー司令官の演説シーンがカースルブラックでのモーモント総帥やいじわるおっさんとだぶって興奮、などなど。勝手なだぶらせテンションうpが凄かった。テイラー司令官からなんとなく、何故かわからないけど、ビリーヘリントン的オーラを感じるのもアレです。かと思えば、トータス藤岡的熱い視線でシャノン父を観察するし。そこらへんもポイントになりました。

第3話は「空を覆う影」つって、ヒッチコックの「鳥」をオマージュとかで実際そうだったけど、自分にはあの新種のプテロサウルスはクリルだよ!めっちゃクリル!!!日暮れの空を黒煙のごとく染めていく様はGears of WarのAct2「日没/死の夕暮れ」ですだよ。ニコビでコメつくなら、UVタレット用意!とか絶対あるよ。6時の方向!とかガソリンスタンドのじいさんが叫ぶよ。そんで何もしないドムが「クリア!」と叫ぶのだ。

第4話の「記憶の悪戯」であれ?wてなるけども。
それにしても、ファミリーとラブ要素が何故かうっとうしく感じなかったのが不思議遊戯。この夏に観た「ジュラシックワールド」「PIXELS」のその要素はねじ込んだ感が強くて、はよう恐竜見せて!はよう戦闘始めて!はようディンクレイジさん出して!てなったのに。

ということで、お気に入り作品がざっくざっく出てくる、恐るべし海外ドラマ。GoT season5 DVD発売までにどれだけ観れるだろうか。
他作品を観るのもいいけど、ゲームオブスローンズの各話感想も書きたいなあ。season4は記事作ってないけどもマジやばかったのです。第2話でまず超級爆弾あって、何度も見直してまさかてなって、でも単独はやべえじゃんとかなったら、まさかのseason3で何故か存在感が薄くなってたあの人がマジやべえてわかって云々なのです。サンサも凄みが出るしびっくり。そんで何より…!何より!!!っていう、本当に、エンドロール終わってメニュー画面に戻っても我フリーズは初めてだったんでね!?

ああ、もう記事終わろう。収集つかねえす。

【追記】
AmazonビデオにGame of Thronesキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!
シーズン5のコンプBOXは来年初めくらいと想定していたんで心の準備が!準備できてねえ!
posted by マルライ(黒) at 00:00 | Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする