2015年01月09日

冬休みの出来事

バハリMAX2015
秋アニメが面白いものばかりであっという間に年が明けてしまった。
その中で一番印象に残ったのが、完結したのもあってか、神撃のバハムート GENESISでしたです。週1アニメというより映画な感じで、なんでかなと考えたら、たぶん音楽の効果なのかもしれない。回毎に合わせて作ってるって夜のファンタジーで話しているのを聞いた…のかスレで情報を見たのか忘れたけど、それが理由だきっと。絵と声の演技ももちろんすげえのは変わりなくて、それプラス夜のファンタジーで製作者さんたちのだべりが聞けたりとか、次回予告のショートコント(?)だとかも印象に残る要因だったのかな。あとスカイリム。
一番好きな回は#04のインスマス&海賊回で、港町の雰囲気、おっさんとファバロの再会ケンカ、アーミラちゃんの食いしん坊具合といろいろあるけども、ネクロマンサー&ゾンビの可能性を見せつけられた衝撃が凄かった。つまりリタさんサイコーっす。

他にもいろいろいろいろ感想がある結果、誰にも出さない年賀状、今年はひつじなバハリMAXになりました。

SHERLOCK as HOBBIT
12月はあれだ、ホビット最終章が上映されて、頭の中がホビットバハムートホビットホビットになってたところ、「シャークネード」24時間耐久放送でシャーク!シャーク!ってこれは11月末だっけ?そんでニコ生のみうらじゅん祭(ゆるキャラに負けない一挙放送・みうらじゅん賞)がドパーっときて、ギャハーってなって、30日ゴールデンタイムにAV作品が流れてドワーッてなって大晦日に紅白男尻祭だったのです。とりあえずなんか、いっぱい見た。ニキータのスカイリム動画もふかふかさんのニュータウン建設物語も他にもいろいろいろいろ。よきイヴだった。

ゴールデンタイムにアダルト作品は衝撃的で、ニコ生の「オカルト&ホラー映画10本15時間一挙上映」内で放映されたんだけど、ファミリー劇場の名のもとにゴールデンタイムだったので、コメが大いに困惑してたのが面白かったです。突然の性教育放送。ほんとに面白かったので落書き描こうとしたけど、描いてはやめての繰り返しで、どうすんだ。
泡姫陰陽師 本当はエロい日本の裏伝奇」という作品で、のっけから凄かった。まさかと思ったらまさかでそのまま突き進んでいったよね。合間合間に入るナレーションのシュールさと、主人公・晴子の天真爛漫て言えばいいのかわかんないキャラと、とにかく圧倒されたのです。
クライマックスの「やーらせて!」コールは、日本=HENTAI説が間違ってないとうならせる作品だよ。笑顔になれた。作品選出したスタッフが無事であることを祈る。

で、なんだっけ。そうだ「SHERLOCK」だよ!
ニコビで「ホビット 竜に奪われた王国」が25ptで観れたのをきっかけにホビットに大ハマリしたわけで、無期限も買っちゃったわけで、何度も観ていたんです。ドワーフ遺跡にドワーフセンチュリオンにドラゴンとスカイリムなんだから!
そんな中、ドラマ・映画チャンネルにSHERLOCKの特設ページが出てきて、ワトソンらしき人物がビルボだったので、ビルボ!ビルボ!となって観始めたら、シャーロックがなんか見たことあるような、聞いたことあるようなってなって調べたらホビットの竜・スマウグだったので大衝撃だったのです。カンバーバッチさん、人間なのにドラゴンだよ、スマウグの演技してる映像を見て感動したのです。

SHERLOCKはドラマだけど映画的ですごく観やすいし、めちゃオシャレで撮影も面白くて、いいもの知れたなあと大満足な12月でした。まとまりねえ。
SHERLOCK一番のお気に入り回はシーズン1第3話「大いなるゲーム」だよ。最初から最後まで緊張感がすげえよ。コメンタリーも面白くて時間が足りない月だった。

ドラゴン繋がりかなんかわからないけど、「ジュラシック・ワールド」の予告も12月になってから知って、まじかよ続編かよ!て興奮したんだけど、続編がすでに2つもあったことを知ってちょっとショックだった。ジュラシックパークはガキんちょの頃見ただけだったので、改めて3作観たんですけど、初代はやっぱすげーな!すげー!の後のロストワールド、ジュラシックパークVに違う意味で衝撃を受けたよ。なぜバカ女枠というのができたのか、序盤のイライラハラハラ度が凄まじくて面白かったw
恐竜と撮影は文句なしのすげえです。役者さんもいいけど、ロストワールドのイアンはなんで性格変わっちゃったんだろう、娘がいるからかな。そこだけ残念。突っ込みどころたくさんなので、ニコビの映画チャンネルで観たかったけど、初代は消えてたし続編はなかったよ。カナシー
レンタル屋に同名モノクロ作品が並んでたのが気になったので、いつか借りたい。
夏公開のジュラシックワールドは初代を更に未来化して開園ぽいから、きっとバカ女枠はないと思いたい。
公式サイトの作り込み、ガチテーマパークサイトで感動した。いまだに開園時に閲覧したことがない。

ジュラシックパークの話に戻るけども、特典映像が豪華すぎ。中でもお気に入りは絵コンテと人形劇ですアレすげえ。
絵コンテはそれだけで絵本になるし、人形劇はそれだけで映像作品になるんだから、すごい人たちの集まりなんだなあと死にたくなってくるよ。自分何もしちゃいないので対抗心とか全くないのにね。

今こうやって感想書いてるけどどれも長くなりすぎだ、観た後に書けばよかった、もっと感想があるのに。

三が日のEテレ深夜枠

そしてようやく年明けの話で、年越し前に蝶野さんのビンタ見れたので「ゆく年くる年」で年越しした後、チャンネルをうろちょろしてたらEテレで「びじゅチューン!」ていうオモロ番組に遭遇したんです。自分が見た時は丁度「その天女、柄マニアにつき」っていう歌の始まりで、なんぞこれってなるじゃないですか。逃れる術がないのですあの雰囲気。したら次は「ツタンカーmail」っていう歌が始まって、完全に不思議世界に連れていかれて、気づけば「ロンリのちから」の世界の中で、面白わかりやすい流れで論理術を説明してくれるのです。日常でも作品作りでも有用な知識に感動していたら今度は「ニッポン戦後サブカルチャー史」って授業が始まって、これまじオモローだよ!70年代サブカル回で、深夜ラジオ幕開け時代を知ることができたよ。

これが三が日、「テクネ 映像の教室」「大心理学実験」も加わりので、1月1〜4日続いたのです。
普段テレビ見ないのに、見ちゃったからね。ニコニコ実況もあったからコメの反応も楽しくて、にわか常連になりました。おやすみの合図は「君が代」が定番になってた。去年サッカーワールドカップの時も、試合終了後にピタゴラやらなんやら立て続けにきて寝ようにも気になって寝れない状態になってたな。

1月8日夜は「岩井俊二のMOVIEラボ」を見た。1回目はSFがテーマだった。庵野監督も出演してて、言われてみればエヴァはサンダーバード系列だって気づいて嬉しくなったです。一緒に紹介されてた「謎の円盤UFO」が実写版サンダーバードやんけ!て超気になってぐぐったらつべにあった。なんという時代だ。
番組は45分であっという間に終わってしまった。2回目は特撮テーマで楽しみだ。
なんだこの記事収集つかない。
posted by マルライ(黒) at 00:00 | Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

Game of Thrones


Game of Thrones Season 4: Trailer #1 (HBO)

ゲーム・オブ・スローンズ(スターチャンネル)
Amazon ビデオ
Youtube: HBO JP Store

「SHRELOCK」借りよ思ってレンタル屋に行くも根こそぎレンタル中でチキショウメェ!てなった視線の先に、「Skyrim」とか「ホビット」の書体っぽいタイトルが目に入ったのです。テレビドラマの棚なのに何故、と思いつつ借りて観たら、とんでもねえ!とんでもなかった!
予算とか全然わかんないけど、規模がテレビドラマじゃなかったんです。日本のしか知らないってのがあるけど、映画一本作るくらいのアレが60分弱、何話も続いてるのですびっくりした。美術すげえ、超すげえ。

最初からもう、雪国の門が開くところでSkyrimだうおおおつって食いついたよ。つべ検索してみたら、Skyrimにゲーム・オブ・スローンズのmodあるし、やっぱそうなんだなそうだドストライクだと納得しました。んで、冥夜の守人とかホワイト・ウォーカーとかそそる存在出てくるし、残虐描写がリアルですげえてなったらOPでまた痺れて、アマゾンでポチりました。
Game Of Thrones "Official" Show Open (HBO)
ネジ仕掛けでかっこいい。ウィンターフェルの巨木がキナレスの木っぽくて心ぐわしされた。つべにSkyrim版作成したものがあった。
Skyrim: Game of Thrones Intro

上に貼ったトレイラーはシーズン4のだけんど、何故かっていうと初っ端がドラゴンの影と声だから。シーズン4に辿り着くには26時間くらい旅する必要がある、毎回イライラどきどきハラハラするんだろうから楽しみだ。
シーズン1の1巻じゃまだドラゴン生まれてないからね、成長具合も見れるの楽しみ。ダイアウルフの子たちもどうなってしまうのか。個人的にジョンとアリアと、というかスターク家と、ティリオンは無事に生き抜いてほしい、でもどうなるかわかったもんじゃないよこれ。
posted by マルライ(黒) at 00:00 | Comment(2) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする